DerbyShoes™ロゴ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 | スポンサー広告 | ▲ top
世代交代の年
サンデーサイレンス産駒最後の世代であった去年のクラシック、TMオペラオーやサンデーJr.の台頭、そして古馬ではサンデーの最高傑作で日本競馬界を牽引したディープインパクトの引退で、サンデーサイレンスの時代に終焉を告げました。

今年は種馬も、現役馬も世代交代の年です。

まず種牡馬は、前述の「サンデーJr.」が溢れています。
すでにGⅠ馬を排出しているスペシャルウィーク、ステイゴールドやポストサンデーの1番手フジキセキやダンスインザダーク、アグネスタキオン、アドマイヤベガなど。サンデーJr.以外では、グラスワンダー、キングヘイローなどが目立っていますね。
数年間サンデーの影に隠れ良積を挙げていた、フジキセキ、ダンスが来そうな感じですね。

牡馬クラシックは、去年と同様混戦の年で楽しみな馬がたくさんいます。
3歳チャンプドリームジャーニー、シンザン記念強かったアドマイヤオーラ、重賞連勝中のフサイチホウオー、リンカーンの弟ヴィクトリーなどまだまだたくさんのスター候補がいます。
そして、競馬ファンの皆さんが一番楽しみにしているのが、ディープの弟であるニュービギニングですね。名前ノ由来はご存知かと思いますが、金子オーナーがディープの引退に際して、もう次の時代を競馬ファンの皆さんにも考えてもらいたい。ディープの時代は終わり、新しい時代の幕開けに掛けて付けた名前です。

ニュービギニングは、オーナーも厩舎も騎手も同じで只今無傷の2連勝中です。
前走は、ディープの引退となった去年の有馬記念の日、兄の前で兄の様な走りでの完勝でした。スター性はバッチリ持っているんではないでしょうか?この馬が今年のクラシックを1つでも取ることができれば、競馬界の人気は更に加速していきそうですね。

次走は来月の『共同通信杯』です。
スポンサーサイト
【2007/01/25】 | 管理者のひとりごと | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
日本の盃
先日、凱旋門賞に出走したディープインパクトが禁止薬物の使用で失格処分を受けました。レースで敗れたのもそうですが、この裁定も衝撃的でした。しかし、過ぎた事はどうしようもなく、せめてものお詫びにと「もう一度、強いディープをファンへ」を陣営は確約してくれました。そんなわけで、今週のJCはディープにとっては負けられないレースです。

日本の馬で唯一ディープに先着しているハーツクライ。
何か去年の今頃はイマイチ信用できない馬でしたが、去年のJCを堺に、強く堅実な走りをするようになりましたね。今年に入ってからは、世界を舞台に活躍して、国際GⅠも勝利しています。
今回ディープを倒したとしたら、名実ともに日本No.1と呼ばれるでしょう。

今年の二冠馬メイショウサムソン。
この馬も侮れない馬ですね。菊花賞は太め感があり、距離の問題も少なからずあったように思えますが、今回は父オペラハウスも得意とした1.5マイル。サムソン自身もダービーで勝利を挙げた距離です。並ばれたら抜かせない勝負根性で、飛ぶ馬を抑えることもできるでしょうか?ここを取れば年度代表馬の座も夢ではありません。

海外からは欧州年度代表馬ウィジャボード。
ドバイシーマクラシックではハーツクライに1度敗れていますが、その後GⅠを3つ勝ち、積み上げたGⅠタイトルは計7つ。年内引退が決まっているだけに、ラストスパートで去年の雪辱を果たしそうです。4回目のJC制覇を目論む世界No.1ジャッキーのデットーリが鞍上。優秀の美はありえますね。

個人的には、ドリームパスポートに期待しています。
デビュー以来3着以内をキープし続けている堅実さはサムソンをも勝ります。念願のビッグタイトルが世界の馬達を下しての制覇となれば来年は世界に飛び出すことでしょう。鞍上がコロコロ替わっているにも関わらず、崩れないのは乗りやすい証。まずは、ドリームレース有馬記念に繋がる走りを期待しています。

飛ぶ馬。ディープインパクト。
この馬も年内引退が決まっているのが本当にさびしくてなりません。日本ダービー・・・寝転びながらテレビでレースを見ていたのに、直線では起き上がって応援していた記憶がまだ新しいです。あの時はシックスセンスを買っていなくて馬券は外れていたのに、めちゃめちゃうれしかったですね。負けた気がしませんでした(笑)。
泣いても笑っても、あの走りを見れるのはあと2回。ここを勝てば、ラストランの有馬は、オグリのそれをも凌ぐファンが詰めかけるでしょう。

馬券的には堅く収まりそうですが、今年一番の盛り上がりになりそうなレース。何でかJCは毎年3時20分くらいから発走なのはなんでやろ・・・?
【2006/11/24】 | 管理者のひとりごと | コメント(0) | トラックバック(1) | ▲ top
エリザベス女王杯
私が始めてエリザベス女王杯を目の前で観たのは、1995年の第20回。その2週間前に、天皇賞(秋)を制したサクラチトセオーの妹、サクラキャンドルが優勝したのを覚えています。当時はこのレースはまだ、4歳(現3歳)限定戦だったんですよね。確かその年、オークスを勝ったダンスパートナーが、牝馬ながら菊花賞に出て1番人気(5着)だった。翌年、エリザベス女王杯は「古馬牝馬に活躍の場を」を合言葉に、古馬に開放された。そのチャンピオンがダンスパートナー・・・

あれから10年後の今年、ダンスパートナーの妹ダンスインザムードが・・・と願っていたら、予定道理あっさり回避し、次週マイルCSへ。
最近は、競馬のドラマは全てディープインパクト絡みなので、こんなシナリオに期待していたんですけどね。

さて、本日エリザベス女王杯の枠順が発表されました。カワカミプリンセスは大外に入ってしまいましたね。一方、最内にはアサヒライジングが入り、あっさり主導権を握りそうな気がしますね。アサヒがスローペースに持ち込めば、スイープトウショウの出番か・・・でも調教でまた去年みたいに立ち往生ですしね。

よし、ここは 『DerbyShoes』 に任せるとしましょう。


あと、いよいよ本格化してきました「懸賞競馬.com」。秋のG1ロードもここでそろそろ折り返しを迎えいます。今期絶好調の方も、不調の方も、ここで自分の競馬予想を競いませんか?商品も豪華になってます。あなたの予想力を全国に魅せつけて下さい。お待ちしております。
【2006/11/10】 | 管理者のひとりごと | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。